ケータイ辞書JLogosロゴ 大河内村(近世)


熊本県>芦北町

 江戸期〜明治22年の村名。葦北郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」187石余,「正保郷帳」も同高でうち田160石余・畠27石余,「天保郷帳」226石余。「旧高旧領」では「大川内村」と見え,34石余。「肥後国誌」によれば湯浦手永に属し,高19石余。なお延宝3年の芦北郡湯浦手永小村限御帳(岩崎家文書/芦北町誌)では,御郡筒・百姓とも人数49,竈数6,馬2。当村は「肥集録」(肥後国地誌集)によれば,上内野村・下内野村・鳥屋尾村・飛松村・中屋敷村・古田村・古屋敷村・石間伏村・上小場村を懸村としている。熊本県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。明治8年鳥屋尾村を合併。同9年倉馬村・内野村を合併し,旧鳥屋尾村は高岡村の一部となり,当村名は大川内村と改められた。同20年の戸数135・人口698(芦北町誌)。同22年湯浦村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450434
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ