ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近世)


熊本県>芦北町

 江戸期〜明治22年の村名。葦北郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」405石余,「正保郷帳」も同高でうち田324石余・畠80石余,「天保郷帳」465石余。「旧高旧領」165石余。「肥後国誌」によれば湯浦手永に属し,小村に葛ノ俣があり,高138石余。湯浦手永には寛文13年から属し,それまでは同年に廃された大野手永に属した。当村に,徳永善右衛門を初代とする大野手永惣庄屋が居住し,大野本村とも呼ばれた。周辺の各村を含め,寛永10年の人畜改帳では,田畠高415石余,屋敷数28・家数124,人数203,牛馬35とある。延宝3年の芦北郡湯浦手永小村限御帳(岩崎家文書/芦北町誌)では,「大野本村」と見え,男女154人うち元惣庄屋善右衛門家内25人,御郡筒・百姓とも人数129,竈数19,馬5とある。なお「肥集録」(肥後国地誌集)によれば,中園村・松生【まつばい】村・泥洞(泪)村・杉園村・桑沢見村を懸村としている。天明2年,現光勝寺の前身にあたる光宗寺懸所が設立された(葦北郡誌)。明治3年の佐敷郷御通筋御手鑑帳(芦北町立図書館蔵文書)によると高100石余,戸数29・人数173,郷士9人,牛馬30。熊本県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同年立野村を合併。明治8年内野小学校大野分校設立,同14年大野小学校となる。同20年の戸数87・人口477(芦北町誌)。同22年大野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450511
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ