ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(中世)


熊本県>蘇陽町

 鎌倉期に見える村名。阿蘇郡南郷のうち。戦国期には郷名としても見える。正治2年12月14日の宇治惟泰譲状写(阿蘇文書/大日古13‐2)に,阿蘇郡南郷内の村々の1つとして「おゝの」と見え,当村など南郷内の10か村が,先祖相伝の私領田畠として新大宮司惟次に譲られている。承久2年9月14日には,北条義時により,阿蘇社大宮司職とこの「大野」を含む10か村が惟次に安堵され(同前/大日古13‐1),元仁2年3月5日には北条泰時が同様に安堵している(同前)。安貞2年9月15日には,同じく北条泰時が惟次の譲状に任せて,永野・世田村を除いた8か村と大宮司職を宇治惟義に安堵し,文暦2年8月27日には,惟義の譲状に任せて,同様に宇治亀熊丸(惟景)に安堵し,さらに寛元元年11月9日には,北条経時がこの8か村を亀熊丸に安堵している(同前)。下って弘安10年3月23日の宇治惟景譲状写(同前/大日古13‐2)によれば,柏村の代わりに南坂梨子が加えられて,弟惟国に譲られ,同年10月13日北条為国によって安堵されている(同前/大日古13‐1)。鎌倉末期の元亨元年3月3日の阿蘇社進納物注文写(同前/大日古13‐2)によれば,当村は肥後国中の初米を進納する地の1つであった。また南北朝期の正平7年2月吉日の阿蘇社上葺等次第(同前/大日古13‐1)では,下宮一宮の表の上葺料材を高森・村山・柏・尾・丹田水とともに割り当てられ,同18年閏正月25日の阿蘇社造営料木納帳(同前)でも「なんかう(南郷)の御分」のうちとして「一,五丈二尺木 大のゝ分」と見える。なお康安2年と推定される年未詳9月16日付の斯波氏経書状写(同前/大日古13‐2)には「矢部支知大野鞍岡者共,為御方致忠節候之条,感悦無極候」とあり,当地の輩の軍忠を賞しており,北朝方として活躍していたことが知られる。下って長禄2年7月25日の阿蘇社(カ)造営料木諸郷村支配状(同前)では,「はり」「なかきかく」が割り当てられていた。文明4年8月28日の阿蘇山本堂造営棟別料足日記写(同前/大日古13‐2)には,「一,おうのゝかうふるいちのところ⊏」と郷名で見える。なお同年11月26日の阿蘇山本堂造営棟別料足請取日記写(同前)には「大野倉岡之御使,妙円坊,菅弾正殿,彼両人より請取申候料足八貫二百文」とある。同16年8月28日の阿蘇十二社同霜宮最花米注文(同前/大日古13‐1)には「おう野ゝの分」として土戸・竿渡・長崎・栃原・鞍岡・菅尾・轟・小峰・尾野尻・木原谷・楢原などの地名が見え,各々の負担が書き上げられている。現在の蘇陽町南部一帯を含む地域と推定される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450514
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ