ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近代)


熊本県>岱明町

 明治22年〜昭和30年の玉名郡の自治体名。野口・大野下・中土・下前原の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。役場を中土に設置。明治24年の戸数529,人口は男1,417・女1,397。同42年の戸数456,人口3,020うち農業401戸,田164町8反余・畑183町余,生産高は米4,967石・麦3,241石・豆625石・繭145石(岱明町地方史)。人口は,大正9年2,256,同14年2,269,昭和5年2,420。昭和3年大野下に鹿児島本線の駅開業,駅前が繁栄する。同9年の人口2,420,田173町・畑206町・宅地26.2町・山林12.7町(市町村別日本国勢総覧)。同10年の世帯数424・人口2,402。同22年の作付面積と生産高は,水稲158町・3,495石,小麦68町・757石,裸麦132町・1,452石,甘藷27町・8万8,770貫目で,農業が中心であったが,翌23年の統計では桑園面積54町,養蚕戸数は219戸を数え,繭生産量は5,460貫目に上った(岱明町地方史)。世帯数・人口は同25年590・3,191,同30年582・3,184(同前)。昭和3年三井鉱山が玉名市河崎で菊池川の水を揚水して野口南縁に水道を建設,工業用水を送水。同7〜10年迫間用水幹線を建設,高瀬発電所から菊池川の水を取水,水道を野口南縁に設け,滑石から鍋にかけて962haを灌漑。戦時中荒尾の第二陸軍造兵廠の工業用水を送水するため河崎で揚水,野口南縁を送水,同22年完成し,福岡県大牟田市の工業用水・飲料水となった。明治41年野口・内野の両小学校を統合し大野尋常高等小学校を設置,昭和22年大野中学校を新設。同30年岱明村の一部となり,4大字は同村の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450518
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ