ケータイ辞書JLogosロゴ 大堀木村(近世)


熊本県>菊陽町

江戸期〜明治9年の村名合志【こうし】郡のうち白川中流右岸,阿蘇立野火口瀬の西方に位置する東西に走る段丘線沿いに瀬田下井手が流れ,途中で南に折れて支流中井手と合流する当地は「おぼろけ」とも呼ばれ,地名は下井手が掘り切られた地の意とも考えられるが,戦国期の合志氏の武将に大堀木を名乗る者がいたとも伝える地内から弥生式土器が出土する江戸末期までに中代村から分村して成立したと思われる熊本藩領村高は「旧高旧領」401石余はじめ津久礼組に属す「肥後国誌」では大津手永に属し,高333石余,小村に皆尻村・三之分村が見え,西にある逆修碑は能因法師のものとも,成道寺開山の寰中和尚のものとも伝えるこの逆修碑は室町期造立の板碑と考えられる氏神は菅原神社で,嘉永5年の棟札を有する寛永10年の人畜改帳によれば,戸数8,本百姓分畠高261石余・入作分36石余,人数は男30・女30,牛12・馬12,家数57,屋敷反別4反余,庄屋は勝右衛門,また太郎衛門という絵書き夫婦がいたことを記す宝暦12年の田畑地引合改見図帳(県立図書館蔵文書)によると,田6畝・畑30町2反余,頭百姓2・小百姓83寛政7年の大津手永略手鑑(肥後藩の農村構造)によれば,高337石余,給知の田6町7反余・畑17町3反余,人数146,牛馬15,庄屋は両助江戸初期,上井手・玉岡(新)井手の開削とともに当地一帯までの水田化が可能になったと思われる熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属同年久保田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450546
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ