ケータイ辞書JLogosロゴ 大柿村(近世)


熊本県>菊池市

江戸期〜明治9年の村名菊池郡のうち菊池川上流の右岸段丘上に位置する熊本藩領天正17年の検地帳(県立図書館蔵文書)では,高117石うち田83石・畠34石,慶長9年の検地帳(同前)によれば,田の反別7町余・分米78石余,畠の反別5町4反余・分米38石余(居屋敷を含む)村高は,「寛永郷帳」117石,「正保郷帳」も同高でうち田78石余・畠38石余,「天保郷帳」117石余,「旧高旧領」120石余「肥後国誌」によれば河原手永に属し,高118石余文化・文政年間の河原手永手鑑によれば,高118石余,請免は55石余,竈数16・人数90,牛9・駄馬34(肥後藩の農村構造)文化13年竣工した古川井手の大柿分水所が中尾に設けられ,5尺1寸幅の大柿井手と4尺5寸幅の戸豊水井手が山を境にして分水され,うち大柿井手の流末は菊池川本流に注いだ(肥後藩農業水利史)氏神は大柿菅原神社棟札によれば,もと下鶴に鎮座,文政12年に現在地へ遷座した(菊池郡市神社誌)熊本県を経て,明治5年白川県に所属同9年大平村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450589
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ