ケータイ辞書JLogosロゴ 岡本村(近世)


熊本県>岡原村

 江戸期〜明治22年の村名。球磨郡のうち。岡許村・岡元村とも書いた。人吉藩領。村高は,「寛永郷帳」では340石余でほかに新田畑292石余,「正保郷帳」も同高でうち田210石余・畠130石余,「天保郷帳」1,473石余,「旧高旧領」1,533石余。藩の老臣相良清兵衛は天草・島原の乱後,岡本の古城に隠居所を構え,周辺に町家を建てて初市を開いたが,寛永12年横暴の故をもって幕府に召喚され,陸奥弘前藩へお預けとなった。百太郎溝は延宝8年に宮原村まで開通し,元禄9年から翌年にかけて隣村上村まで村民総出で手普請で掘り上げ,原野を水田化して当村を貫いた。幸野溝も元禄9年から宝永2年にかけて当村を貫通し,新田が開け,他村からの移住者も多く,宮原村とともに当地に百太郎溝の水廻仮屋が設けられ,配水・維持・運営が行われた(相良家文書/大日古5‐2)。諸郷地竈万納物寄によれば,宝暦・明和年間頃の家数142うち諸奉公人21・寺社9・修験道1・郷士32,安永3年改の人数846,正徳6年改の反別は水田108町余・畑24町余(斉藤氏所蔵文書/人吉藩の政治と生活)。人吉県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,戸数142・人口566,牛100・馬124,田103町9反余・畑31町7反余・山林268町7反余。同22年岡原【おかはる】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450602
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ