ケータイ辞書JLogosロゴ 小倉村(近世)


熊本県>阿蘇町

 江戸期〜明治22年の村名。阿蘇郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」419石余,「正保郷帳」も同高でうち田241石余・畠178石余,「天保郷帳」980石余。「旧高旧領」367石余。「肥後国誌」では内牧手永に属し,高290石余,寺跡に愛蔵寺跡・了満寺跡・慈光寺跡があり,慈光寺の本尊観音は堂に安置され,阿蘇三十三か所観音巡りの札所の1つという。同書には当村のうちとして今町村が別記され,江戸末期までに今町村を分村,神社には坪内城の守護神であった天神社(小倉菅原神社)がある。郷土芸能阿蘇の虎舞が昭和40年代まで伝えられていた。天保9年の村々調によれば,高346石,反別は田畑40町,竈数32・人数152,牛馬108(史料阿蘇2)。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同12年綾野村を合併。同22年山田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450645
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ