ケータイ辞書JLogosロゴ 大籠村(中世)


熊本県>一の宮町

 南北朝期〜室町期に見える村名。阿蘇郡東郷のうち。建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(阿蘇文書/大日古13‐1)に,東郷の権大宮司沙汰分の1つとして「一所五町 大籠村」「一所五町 西津大籠村」とあるのが初見。正平18年閏正月25日の阿蘇社造営料木納帳(同前)に「一,ぬき 一し おこもり」とあり,当地から貫を1支納めている。至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)には「一所 おこもり四丁〈このうち二丁八反御まいてん,なんかう御たいおこもりのまこ六ちきやう,なかゝのたいしよしんハうちきよう〉」と見え,当地の4町のうち,2町8反が御米田で,南郷の代官大籠孫六と「なかゝ」の代官「しよしん」坊の両者が知行していた。下って室町期の応永9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(同前)には「大こもりの分」として長押・椽など11支が宛て課されている。同11年11月3日の阿蘇社領宮地居取田并郷々御米田算用状(同前)には「大籠村」とあり,田数4町2反4丈,除田2(か)町1(7か)反4丈中(不作・水損・河成),定田1町4反中であった。また同算用状には「□(西カ)津大籠村」も見え,田数1町5反3丈,うち除田は山田寺免の3反3丈と不作の6反2丈,定田は5反3丈である。文安5年8月18日の阿蘇社造営料木屋勤仕人数番定(同前)では「おこもり」は今村新三郎の知行となっている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450654
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ