ケータイ辞書JLogosロゴ 小里郷(中世)


熊本県>阿蘇町

 南北朝期〜室町期に見える郷名。阿蘇郡西郷のうち。地名としては鎌倉期から見え,元徳2年正月14日の阿蘇社造営料木第三箇度切符写(阿蘇文書/大日古13‐1)に「一,小里」とあり,野椽40支・裏板35枚を負担している。また同年2月23日の阿蘇社造営料木注文写(同前)では,十祝分として「小里三本〈四宮庇 長九尺五寸 口一尺〉」の材木を進上している。郷名の初見は建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(同前)で,下田常陸介沙汰分の西郷の1つとして「一所三十町〈今ハ五丁〉小里郷」とあり,寛正3年8月12日の段階では5町となっている。正平7年2月吉日の阿蘇社上葺等次第(同前)では,湯浦など11か所とともに「北四宮面之余」を勤仕している。至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)には「一所おさと一けふん一御ミやの御きしん」とあり,1家分(10町)が阿蘇の一宮に寄進されている。また同4年8月日の肥後阿蘇郷村并宮地四面内夫役注文(同前)の郷々の分の1つに「五貫文 おさとのかう一けんの弁」とあり,当郷10町から5貫文を納めている。下って応永9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(同前)では,「おさとのかう分」として料木10支が宛て課された。同16年9月26日の阿蘇社領権大宮司方催促方田数坪付注文(同前)には,当郷は一大夫知行分として田数5町が示されるが,「ふさく」とあり,当時5町全部が不作の状態であった。同注文によれば,8月の放生会の際には垂布2反を権大宮司方へ納入したことが知られる。同年9月日の肥後湯浦郷坪付山野境等注文写(同前)では,各田畑の5反は荘分と弁済使の給田であることが知られ,また農作時には鍬・馬鍬などを納めることになっていた。同年月日の肥後湯浦郷阿蘇社役注文(同前)では,流鏑馬の際の諸役などを勤めることが示されている。下って,戦国期の天文14年10月20日の阿蘇社対面所造営料木切符次第写(同前/大日古13‐2),天文23年8月7日の阿蘇社造営料木郷々支配注文(同前/大日古13‐1)では,材木を納入していたことが知られる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450666
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ