ケータイ辞書JLogosロゴ 魚貫村(近世)


熊本県>牛深市

 江戸期〜明治22年の村名。天草郡のうち。久玉組に属す。はじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領。村高は,万治検地帳154石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」189石余,「旧高旧領」192石余。なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,「正保郷帳」で372石余うち田286石余・畠25石余・桑茶塩竈永荒61石余。「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数176・人数1,131,田が高171石余・反別22町6反余,畠が高17石余・反別4町4反余うち新田畑高34石余,氏神は住吉宮。慶安4年の肥後国図添付の調書(県立図書館蔵文書)に,当村入江について「魚貫崎船着 さしの津より三里,中風ニも船五拾艘程懸ル」と見え,海路の要所となっていた。そのため享保2年長崎代官所外国船取締りの烽火台が魚貫崎に設けられた。その番人給は10石。烽火台跡が残る。また魚貫崎には樹齢300年と思われる榕樹があり,これは江戸期,航海中の船へ水があることを知らせるため植えられたと伝える。富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同21年の戸数423・人口2,002(県公文類纂/同前)。なお明治20年代までは農業が主体であったが,天保年間田島屋久兵衛が発見したと伝える魚貫炭坑が,明治30年代後半から大正年間にかけて盛況を迎え,当地は炭坑の町となっていった。同22年市制町村制施行による魚貫村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450708
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ