ケータイ辞書JLogosロゴ 小原村(近世)


熊本県>旭志村

 江戸期〜明治22年の村名。合志郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」157石余,「正保郷帳」も同高でうち田74石余・畠83石余,「天保郷帳」157石余,「旧高旧領」502石余。慶長13年の検地帳(県立図書館蔵文書)によると,反別は田23町余・畠16町余・分米202石余,家数27・人数24,牛馬9。寛永10年の人畜改帳では,家数42・人数41,牛9・馬7,庄屋は大郎右衛門。宝暦8年の田畑下名寄帳(同前)によれば,総反別63町余うち田畑反別37町余。「肥後国誌」では大津手永に属し,高502石余,小村に西小原村・東小原村・向小原村が見え,神社は天神社2・福神社,当村には稗田弾正重実の屋敷跡と天正13年銘の弾正墓がある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田16町9反余・畑76町6反余,戸数62・人数286,牛22・馬70,水車1,物産は米・大豆・小麦・裸麦・菜種・甘藷・煙草・茶など,民業は農業52戸・大工職1戸・石工職6戸・水車職1戸。同22年北合志【きたごうし】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450738
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ