ケータイ辞書JLogosロゴ おり戸(中世)


熊本県>阿蘇町

 南北朝期に見える地名。阿蘇郡のうち。応永16年9月日の肥後湯浦郷坪付山野境等注文写(阿蘇文書/大日古13‐1)に「一,おり戸ひらのさかひの事」と見え,折戸平の四至が示されている。東は「こめの山大道をひわのたうのつしより,くゝ牟田のせりのくち」を限り,北は「はたへのよこ大道」,「つとハくゝむたのうへのよこみち」を限り,西は,「やこ大道の七々まかりのきたの谷の水おてよりうふのもと」までを限るとされており,現在の集落より高地にあったと考えられ,権大宮司が知行していた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450765
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ