ケータイ辞書JLogosロゴ 海東村(近代)


熊本県>小川町

 明治22年〜昭和33年の下益城郡の自治体名。東海東・西海東・南海東・北海東の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。役場を西海東に設置。明治23年村農業会の設置に伴い苗代田品評会などを開設し,農地の改良,生産の増強に乗り出す。同35年町村是の調査が実施された。同41年海東東部尋常小学校・海東西部尋常小学校を統合,校舎を南海東永割に新築移転し,海東尋常小学校と改称。大正3年同小学校学校林を設定。なお大正6年下益城郡南部高等小学校廃止により高等科を併置し,海東尋常高等小学校となる。大正3年海東村信用組合結成。郡教育会によって同5年竹崎季長公記念碑が平原にたてられた。同10年電灯敷設1期工事,同11年2期工事が行われ,電灯が点灯。同14年小川駅〜当村間にバス開通,道路拡張に伴い,人や牛馬に依存していた山間地貨物の運搬も便利となった。昭和4年産業10か村計画樹立に伴い,山林資源の確保,養蚕の拡張,柑橘の品種改良,干柿の生産に力を注いでいる。同5年季長公六百年祭を開催,季長公顕彰会が発足。同11年豪雨により被害を受けた。同13年役場新築移転。明治24年の戸数666,人口は男1,714・女1,949。世帯数・人口は,大正9年393・2,111,昭和10年574・3,094,同25年734・4,306。同33年小川町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450770
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ