ケータイ辞書JLogosロゴ 上井手郷(中世)


熊本県>一の宮町

南北朝期〜室町期に見える郷名阿蘇郡北郷のうち地名としては鎌倉期から見え,元徳2年正月14日の阿蘇社造営料木第三箇度切符写(阿蘇文書/大日古13‐1)によれば,「小野田 山田 上井手」の3か所で野椽10支,裏板20枚を納めているなお同切符写には井手郷が見え,郷とは別に宛て課すべき対象となっていた同年2月23日の阿蘇社造営料木注文写(同前)でも七祝分の料木5本のうち3本を「小野田・山田・上井手〈三ケ村分〉」と「井手郷〈野尻・饗庭〉」とで納めている南北朝期の建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(同前)では,渋河兵庫助の沙汰する北郷のうちとして「井手郷」とは別に「一所十町 小野田〈下山田・北薗・河島方・上井手〉郷」とある正平7年2月吉日の阿蘇社上葺等次第(同前)では「北四宮面之分」と湯浦など12か所とともに負担している同19年12月日の阿蘇社領四面内并郷々闕所注文(同前)には,「一,かみいて 同すわうとのゝ〈ことのゝ時よりあしてちきやう〉」とあり,当地が周防殿の給分であり,故殿の時から夫役である足手を宛て課する権利をもっていたことがわかる至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)では,「一所 かミイて十二町〈このうち五たんハ三御ミヤのしめん,けすのき一丁五反まんくわんしあミたたうのめん,のこる十丁ほんちきやうすわうとの,なんかう御たい御れう所,なかゝのたい一二御みや御きしん〉」とあり,当地の12町のうち5反は三宮の四面,枳木1町5反は満願寺阿弥陀堂免,残る10町は本知行周防殿で南郷代官の料所と「なかゝ」の代官が一宮・二宮に寄進した分からなっていたまた,同注文には,「一所 おのた・やまた・上井手 一けんふん」とあり,当地など3か所には1家分の社領があった室町期と推定される年月日未詳の肥後阿蘇荘郷々造営料木支配注文(同前)には「上井手分」が見える下って戦国期の天文23年8月7日の阿蘇社造営料木郷々支配注文(同前)では「井手・下原之分」「上井手・河島かた・北薗・下山田之分」が各々料木を負担しているなお,天文13年卯月8日の阿蘇惟豊宛行状写(阿蘇文書/県史料中世1)によれば,親父以来の忠節により「阿蘇郡上井手之内二町」などを北里左衛門尉に宛行っている現在の一の宮町井手付近に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450896
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ