ケータイ辞書JLogosロゴ 上芋生村(近世)


熊本県>鹿北町

江戸期〜明治8年の村名山鹿郡のうち岩野川に注ぐ芋生川下流域に位置する熊本藩領村高は,「寛永郷帳」1,000石,「正保郷帳」も同高でうち田636石余・畠363石余,「天保郷帳」1,013石余「旧高旧領」651石余慶長国絵図(永青文庫)には村名が見えるが,慶長4年・同9年両検地帳(県立図書館蔵文書)では下芋生村とともに「芋生村」として把握されている「肥後国誌」にも芋生村とあり,山鹿手永に属し,高1,009石余うち当村分748石余,小村に今村・中村・才野村・宝蔵寺村・桑原村・河原谷村・西林村・鳥越村などがあるまた文政9年の山鹿手永書付(菊原家文書)では,上芋生村・下芋生村を合わせて家数248・人数1,079,馬159上芋生村と下芋生村の境界は明確でないが,現字図で桑原の東字界の延長線をもって旧村界とみることができる「肥後国誌」に見える小村のうち,河原谷村・才野村,現在の字北浦または迫浦にあたる宝蔵寺村は当村に属し,比定地不詳の西林村を除く残余は下芋生村に属すものと思われるなおこのうち河原谷(川原谷)は,加藤清正が朝鮮半島から連れてきた紙漉工人の慶春が住んだ地で,子孫は江戸期を通じて製紙業に携わり,芋生紙の名を高からしめた芋生川下流に鮎返の滝(釘ノ花)がある高さ4mほどの滝で,昔から旱魃続きの時は,この滝壺の水を干すと滝の主の竜神が大雨を降らすと伝える熊本県を経て,明治6年白川県に所属同8年芋生村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450897
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ