ケータイ辞書JLogosロゴ 上内田村(近世)


熊本県>菊鹿町

 江戸期〜明治22年の村名。山鹿郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」1,382石余,「正保郷帳」も同高でうち田1,100石余・畠281石余,「天保郷帳」1,391石余。「旧高旧領」は,宝暦2年の中村手永御蔵納手鑑(肥後藩の農業構造)に枝村と見える太田村・五郎丸村などを別記し,高903石余。なおこの手鑑では,村内に請野開5町7反余・山苅畑1町6反余があり,猪鹿打鉄砲札所持者2・鋳物炭焼札所持者2・鍛冶炭焼札所持者1・雀網札所持者1・酒造業1がいた。「肥後国誌」では中村手永に属し,高892石余,小村に中原村・佐京村・田中村・小田村・利山村・内野村・深瀬村・小伏野村・原村・鶯村・辻村・麦田村・川黒村などがある。また宝暦11年の田畑下名寄御帳(県立図書館蔵文書)によれば,高903石余うち御郡間新地分11石余,残余の892石余・反別76町2反余は上知・給地分,小村は三井原・小伏野・靏の前・竹ノ下・深瀬・年ノ原・原・琵琶首など18,また近隣各村に出作りもしていた。安政年間には米・粟・麦・蕎麦・大根・大豆・小豆を生産し,芋は山野の開墾地に植え付けていた(中村手永稼穡調書/肥後藩の農業構造)。社寺は,太子社・天満宮・鷹取天満宮・薬師堂・観音堂など多数あり,また原には寛永17年開基の浄土真宗本願寺派光台寺があった。同寺には,山麓から当村のため用水を引いた庄林隼人自休居士の墓がある。村民は自休の報恩のためジキョサン祭りを行う。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田115町9反余・畑76町5反余,戸数223・人数1,103,牛10・馬189,水車4,字原と字山下に人民共立小学校があり,字原の生徒数は男36・女25,字山下の生徒数は男29・女9,物産は穀類のほか甘藷・蘿蔔・柿・薪・炭・松茸・蜂蜜など,民業は農業171戸・杣職4戸・水車職4戸・炭焼職6戸など。同22年の田畑192町6反余・宅地14町余,戸数251・人口1,288(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。同年内田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450901
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ