ケータイ辞書JLogosロゴ 唐川村(近世)


熊本県>菊陽町

 江戸期〜明治22年の村名。上益城郡のうち。辛川村とも書く。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」313石余,「正保郷帳」も同高ですべて畠方,「天保郷帳」408石余。「旧高旧領」289石余。江戸末期までに上唐川村を分村。「肥後国誌」では沼山津手永に属し,高479石余,当村と戸次村・曲手村などの13か村は津守郷の村であったという。また,別に当村のうちとして井口村を記し,同村の項に天神社がある。津森神宮のおほしさん祭りの担当集落の1つ。ほかに小牧鶴天神社があり,矢野治太夫による応永元年の勧請と伝承する(菊池郡市神社誌)。慶長13年馬場楠井手が開削され,水路の長さは214間,水路中に加藤清正考案とされる沈砂施設の鼻操井手があり,別名を辛川九十九折ともいった(肥後藩農業水利史)。文化8年の沼山津手永略手鑑帳(肥後国郷村明細帳1)によれば,竈数65・人数271,牛馬77,高203石余,田5町6反余・畑13町6反余・新地諸開田畑91町3反余,士席浪人格1人,地士1人,御山口1人,惣庄屋直触2人,庄屋は戸次村の甚八,庄屋引高25石,質屋札1枚・揚酒本手1本・高札1枚・藍瓶本手2本・馬口労札1枚・桶屋1人・石工1人が認められていた。同書は上辛川村を別記する。道明の地に近世の南郷往還の跡が残る。現在の主要北方道大津甲佐線沿いにその標木があり,そのかたわらに「左大津,右万徳」と刻まれた追分石が残る。また井口の馬場楠井手には石組の眼鏡橋が残り,全長6.7m,幅3m,高さ2.4m。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同年上唐川村を合併。「郡村誌」によれば,田25町余・畑336町5反余,戸数161・人数768,牛9・馬123,日本形船1(川漁船),字古閑上に人民共立小学校があり,生徒数は男35・女13,物産は米・野稲米・大豆・小豆・裸麦・大麦・小麦・粱・稗・蕎麦・菜種・煙草・甘藷,民業は農業140戸。同22年白水村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451089
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ