ケータイ辞書JLogosロゴ 川窪村(近世)


熊本県>菊陽町

江戸期〜明治9年の村名合志【こうし】郡のうち地名は現在川久保と書く阿蘇立野火口瀬の西方,白川中流右岸に位置する新井手(玉岡井手),瀬田下井手水系の中井手・篠井手の灌漑を受け,白川沿いの集落はしばしば洪水の被害にあった合志氏の家臣川久保三四郎金氏が,薩摩兵の攻撃を木山口の梅の木城で防ぎ,合志氏滅亡後は,当地に居住して「川久保日記」を残したという(大津史)江戸末期までに中代村から分村して成立熊本藩領村高は「旧高旧領」354石余はじめ津久礼組に属す「肥後国誌」では,「河窪村」と記され,中代村のうちと見え,大津手永に属し,高350石余,小村に九尾が記され,神社は天神社,地内に不知三ケ所六地蔵の1つの六地蔵がある九尾は水尾のことで,現在水尻と呼ばれる地氏神は川久保神社,祭神を大山咋神とするが,馬頭観音を祀る境内に馬の石という石塚がある寛永10年の人畜改帳によれば,戸数12,田畠高350石余,人数は男42・女27,牛12,馬16,家数64,屋敷反別1町余,庄屋は伝左衛門寛永12年の田畠地撫帳(県立図書館蔵文書)によると,田6町5反余・98石余,畑24町3反余・195石余,ほかに田2町2反余・56石余が別記される灌漑水路は,瀬田下井手水系で,新井手は宝暦年間以後の築造とされる宝暦11年の地引合改見図帳(同前)によれば,給知の田10町4反余・175石余,畑20町3反余・174石余,新地畑6反余・4石余,上り開請藪など1町9反余寛政7年の大津手永略手鑑(肥後藩の農村構造)によれば,田畑反別・石高ともに宝暦11年の地引合に同じで,人数231,牛馬38,庄屋は新右衛門,揚酒本手(酒屋)1本・藍瓶2本が許されていた熊本県を経て,明治5年白川県に所属同7年久保田尋常小学校創立同9年久保田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451111
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ