ケータイ辞書JLogosロゴ 河原村(近代)


熊本県>菊池市

 明治22年〜昭和31年の菊池郡の自治体名。下河原・木庭・藤田の3か村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。村名は下河原村の名称による(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。明治24年の戸数485,人口は男1,129・女1,123。大正5年の戸数462・人口2,891。世帯数・人口は,昭和10年430・2,491,同15年402・2,269,同29年507・2,947。全戸数に対する農家の割合は,大正期89%,昭和20年代には73%を占めた(菊池郡誌)。元禄11年菊池川の大場堰から引いた原井手が村の中央を貫くが,大正期には畑地が水田の2倍近くあり,米のほか麦作や桑園も多く,養蚕戸数は大正5年328,昭和29年290(同前)。大正9年菊池郡農会が7町の麦採種地を当村に設置(菊池郡勢史)。そのほかの産物に粟・竹材があり,大正初期頃から木庭石が出た。明治44年藤田・下河原を通り大津に至る大津往還が竣工(同前)。尋常下河原小学校は明治22年尋常河原小学校と改称。同校は同38年青年学級(夜学)を,大正8年小学校内には河原村立河原農業補習学校を設置。昭和31年菊池町の一部となり,村制時の3大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451149
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ