ケータイ辞書JLogosロゴ 河辺村(近世)


熊本県>旭志村

 江戸期〜明治22年の村名。合志【こうし】郡のうち。川辺村・川部村とも書く。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」406石余,「正保郷帳」も同高でうち田48石余・畠357石余,「天保郷帳」410石余,「旧高旧領」628石余。江戸末期までに尾足村を分村したと思われる。慶長9年の検地帳(県立図書館蔵文書)によると,高406石余うち田48石余・畠(屋敷を含む)357石余,反別は田4町余,畑・屋敷83町。寛永10年の人畜改帳によれば,高430石,家数71・人数55,牛馬24,ほかに同年の川辺出分人畜改帳によると,高178石余,家数33・人数36,牛馬13。「肥後国誌」では大津手永に属し,高624石余,小村に出分村・小河原村が見え,神社は権現宮,寺跡に天台宗桂厳寺跡がある。権現宮は大宮大権現といわれ,当地の氏神で,昔,禎快上人が熊野権現のお告げによって弥護山を開闢した時に勧請され,はじめは山上にあったが,のち当村に移されたという。村惣畝数調(県立図書館蔵文書)によると,宝暦14年の高624石余,下名には甑田・鍛冶田・わくとふ石・東沖・西沖・赤迫・柏木・西原・北原・出分・本分などがある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田13町2反余・畑208町5反余,戸数122・人数546,牛1・馬183,物産は米・大豆・裸麦・大麦・小麦・粱・菜種・茶・鶏卵など,民業は農業110戸・大工職4戸・質屋1戸。同22年護川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451152
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ