ケータイ辞書JLogosロゴ 木山町村(近世)


熊本県>益城町

 江戸期〜明治22年の村名。上益城郡のうち。単に木山町とも称する。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」741石余,「正保郷帳」も同高でうち田295石余・畠445石余,「天保郷帳」776石余,「旧高旧領」1,405石余。江戸末期までに腰尾村を合併。「肥後国誌」では沼山津手永に属し,高1,362石余,「里俗ハ木山町ト云」とある。天正13年島津氏に攻められて木山城が落城したのち,木山氏の家臣が江戸期を通じて庄屋などを勤めた。地内には木山氏菩提所天台宗道安寺跡や江戸初期の作といわれる六地蔵がある。市日が2・6日の六斎市は近郷からの客でにぎわった。28か村を支配する郷会所が天保8年沼山津村に移転するまで置かれた(木山町町誌)。氏神は木山神宮で,ほかに天神社・加藤神社・稲荷神社などを祀る。地内の居屋敷には浄土真宗本願寺派専寿寺がある(上益城郡誌)。寺子屋は嘉永元年〜明治5年に森政家の習字塾(生徒数男50),文久元年〜明治2年には中川九郎の習字塾(生徒数男40)があった(県教育史)。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田23町8反余・畑175町余,戸数190・人数820,牛1・馬58,水車2,字居屋敷に人民共立小学校があり,生徒数は男26・女45,物産は米・大豆・小豆・裸麦・小麦・大麦・粱・蕎麦・清酒・焼酎・醤油・種油・蝋など,民業は農業55戸・造酒職5戸・酒類受売屋6戸・染物職2戸・質屋5戸・絞油職2戸・水車職2戸・洗湯職2戸・旅籠屋5戸・大工職2戸など。明治7年木山郵便局,同11年御船警察署木山分署を設置(上益城郡誌)。明治7年創立の木山小学校の同11年の生徒数は男67・女26(県教育史)。明治10年熊本で敗れた薩摩軍が当地に本隊を置き,西南戦争の戦場となった(薩南血涙史・西南役と熊本)。同22年木山町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451285
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ