ケータイ辞書JLogosロゴ 木山町(近代)


熊本県>益城町

 明治22年〜昭和29年の上益城郡の自治体名。木山町村・寺迫村・宮園村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。役場を木山に設置。町名は旧木山町村をそのまま称した。交通至便なため在町の性格を引き継ぎ,近郷農産物の集散地となり,日用雑貨の買物客でにぎわうなど,経済の中心であった。明治24年の戸数483,人口は男1,003・女1,055。同30年8ケ村(秋津・広安・飯野・木山・福田・津森・河原・白水)組合立木山高等小学校開校,同44年高等小学校を併置し木山尋常高等小学校と改称(上益城郡誌)。同年木山高等小学校閉校。同32年木山県道(現主要地方道熊本高森線)が開通,木山〜熊本間を乗合馬車が運行。同35年稚蚕共同飼育組合の木山宮園寺迫組合設立。同40年生糸共同揚返所が設置され,大正3年まで近隣町村の養蚕業発展に寄与した。大正4年熊本種馬所種付支所設置(同前)。木山川・赤井川流域に位置するためしばしば水害を被ったが,なかでも明治33年・同45年には堤防の決壊など被害甚大であった(同前・木山町町誌)。昭和8〜16年赤井川・木山川の河川改修工事がなされ,木山川を赤井川に合流させ,堤防を構築した。この改修工事による枯水に対して農民80人が昭和15年堤防の破壊を計画したが,知事の仲介で妥結(熊本昭和史年表)。同26年木山町外二ケ村中学校組合立木山中学校を寺迫に新設。同27年木山経由の山西行・御船行バスが運行開始。世帯数・人口は,大正9年536・2,622,昭和10年541・2,652,同25年701・3,514,同29年683・3,392。同年益城町の一部となり,3大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451286
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ