ケータイ辞書JLogosロゴ 玉祥寺村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。村高は,寛永12年の地撫帳(県立図書館蔵文書)では,104石余うち田17石・畠74石。「寛永郷帳」90石余,「正保郷帳」も同高でうち田30石余・畠60石余,「天保郷帳」116石余,「旧高旧領」169石余。「肥後国誌」によれば深川手永に属し,高123石余。また文化・文政年間の深川手永手鑑によれば,高123石余,請免は78石余,竈数33・人数174,駄馬45(肥後藩の農村構造)。「菊池風土記」に「米禾宜し此村大なる水車有り村の工匠水車に巧なり」と見える。明和7年玉祥寺が火事により一山焼失。天明7年には同寺で菊池為邦三百年忌が開帳され,寺内麦畑で熊本・山鹿・隈府【わいふ】連中による囃子興行が行われた。玉祥寺の墓地に延享2年銘の鑑照大和塔,山門参道には文化10年銘の宝篋印塔がある。玉祥寺の前,迫間川畔には菊池氏時代の創建という春日神社が鎮座。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年隈府町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451300
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ