ケータイ辞書JLogosロゴ 隈崎郷(中世)


熊本県>一の宮町

鎌倉期〜戦国期に見える郷名阿蘇郡北郷のうち熊崎郷とも書く徳治2年8月日の阿蘇社長寿丸供僧免田屋敷坪付注文(阿蘇文書/大日古13‐1)の田地注文に「一所五反〈クツカタ上草計〉隈崎郷」とあり,経免にも「一所二反〈隈崎郷内〉貴田」とある元徳2年正月14日の阿蘇社造営料木第三箇度切符写(同前)によれば,「隈崎」は四宮の野椽20支,裏板70枚を宛て課されており,同年2月23日の阿蘇社造営料木注文写(同前)では,当地は六祝分として3本の料木を納めているまた正慶元年11月22日の阿蘇社造営料鍛冶炭苫未進注文写(同前)によれば,手野郷とともに,炭17駄,苫2帖を未進している建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(同前)では,渋河兵庫助沙汰分の北郷のうちとして「一所五町 隈崎郷」と見える正平18年閏正月25日の阿蘇社造営料木納帳(同前)には「一,はり 一し〈□□(なか)さ一丈三尺〉くまさきのかう」とあり,梁1支を納めていた同19年12月日の阿蘇社領四面内并郷々闕所注文(同前)には「一,くまさきから四郎入たうのあと 一所 たちやとりのこ太郎給也」,また同25年7月20日の阿蘇社領宮地四面内給主注文(同前)では綿貫五郎二郎跡の1つに「一所七反四丈〈かつらた きうてん くまさきのかうの内〉」とある至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(同前)には「一所くまさき一けふん〈なんかう御たいいまむらのわうくまちきやう,なかゝのたいいまむらのかけゆちきやう〉」とあり,当地は1家分(10町)で,南郷御代官今村の「わうくま」と「なかゝ」代官今村勘解由の二人が知行していた応永9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(同前)では,「くまさきのかう分」として野椽など料木8支が課されている同11年11月3日の阿蘇社領宮地居取田并郷々御米田算用状(同前)には「隈崎郷」とあり,田数16町5反4丈,うち定田1町6反1丈,残りは除田で,御宮免(2町)・長寿丸供僧免・経免・修理免(3反)・金凝神護寺免(3反)・屋形の坪(9反3丈)・郡司田(9反3丈)・不作水損河成(5町9反4丈)であった文安5年8月18日の阿蘇社造営木屋勤仕人数番定(同前)によれば,当地の知行人は今村宮三郎と同六郎四郎であった文明5年3月11日の阿蘇社勧力供僧免田地居屋敷坪付注文(同前)に「一所一町大丁 隈崎郷之内」とあり,当郷内に勧力供僧の免田があったことがわかる同11年12月17日の阿蘇社領宮地居取田検見馬上帳(同前)には17筆,計7町9反の田地が記されており,小地名として「なかミそ」「かつら田」「かまこそ」「しゆう田」「うさきた」「一のみほ」「かえはやふき」などが見え,給人として弁済司と今村方が知られ,当郷は今村氏との関係が深いと考えられる天文14年10月20日の阿蘇社対面所造営料木切符次第写(同前/大日古13‐2)には「熊崎五町」とあり,料木を他郷と寄合で納めており,天文23年8月7日の阿蘇社造営料木郷々支配注文(同前/大日古13‐1)でも料木を宛て課されている下って織豊期の天正17年8月28日の加藤清正判物(小代文書/県史料中世1)によれば,「一,四百弐十三石三斗 隈崎村 牛嶺村 おきのさこ村」などが小代親泰に宛行われている北郷に属しており,現在の一の宮町のうちと推定されるが,詳細は不明
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451385
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ