ケータイ辞書JLogosロゴ 神瀬村(近世)


熊本県>球磨村

 江戸期〜明治22年の村名。球磨郡のうち。人吉藩領。村高は,「寛永郷帳」では「神瀬谷」と見え29石余でほかに新田畑154石余,「正保郷帳」も「神瀬谷」と見え同高でうち田5石余・畠24石余,「天保郷帳」71石余,「旧高旧領」では「神瀬村」と見え126石余。諸郷地竈万納物寄によれば,宝暦・明和年間頃の家数360うち奉公人1・郷士13,安永3年改の人数1,342,正徳2年改の反別は田8町余・畑8町余(斉藤氏所蔵文書/人吉藩の政治と生活)。球磨川の当村付近の沿岸は石灰岩層のために急峻で,河流も早く舟運の便もなかったが,寛文2年から同4年にかけて,人吉の町人林正盛が厄落としのために,この川筋の開削を行った。工事は当地の多武除から着手されたという。人吉藩では天文24年以来一向宗の信仰を禁じたが,当村高沢の地にある肥後相続講は秘かな信仰集団で,幕末には講員1,800人を数え,現在も存続。特に山江村山田の味園集落と神瀬の高沢集落は隔年で六字名号幅と親鸞画像幅を交換,護持している。人吉県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,戸数305・人口1,945,牛350・馬2,田20町2反余・畑536町7反余・山林223町4反余。同22年神瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451546
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ