ケータイ辞書JLogosロゴ 古閑村(近世)


熊本県>岱明町

 江戸期〜明治22年の村名。玉名郡のうち。熊本藩領。村高は「旧高旧領」376石余。慶長11年の上村検地帳(県立図書館蔵文書)の表紙に異筆で当村など7か村が書き加えられていて,当村が上村から分村したことを示している。宝暦年間の知行人は長塩又七郎(草村家文書/岱明町地方史)。天保15年の坂下手永略反別手鑑帳(多田隈文書)では,田16町余・畑9町8反余,新地田1町1反余・畑1町9反余,野開畑1町4反余,竈数38・人数109,馬28。「肥後国誌」では,上村のうちと見え,坂下手永に属し,高355石余,氏神は天満宮,ほかに天満宮・阿弥陀堂を記す。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田20町8反余・畑21町4反余,戸数36・人数202,馬23,村内は竹林が多く,溜池は5か所を利用,物産は米・大豆・裸麦・小麦・粱・甘藷・蘿蔔・南瓜・櫨実,民業は農業36戸など。同22年睦合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451594
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ