ケータイ辞書JLogosロゴ 古閑原村(近世)


熊本県>鹿央町

江戸期〜明治8年の村名はじめ玉名郡,明治3年からは山鹿郡のうち岩原川左岸の郷原台地に位置する熊本藩領村高は「旧高旧領」214石余「肥後国誌」によれば中富手永に属し,高213石余なお寛永16年の地撫帳(県立図書館蔵文書)では,田4町9反余・畠11町5反余,高142石余また文化11年の中富手永手鑑(肥後藩の経済構造)では,家数22・人数95,馬15とあり,造酒屋1も見える文化9年の「中富手永風土記」(平野家文書)は当村について,田方の用水は元水がないため,持松村の余水を利用するとともに,荒地を水溜堀にし,また個々で水溜を作り,男女総出で打水をし不足を補うとある氏神は天満宮同社左に文化6年再建の石祠があり,稲荷大明神を祀る熊本県を経て,明治5年白川県に所属同8年持松村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451618
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ