ケータイ辞書JLogosロゴ 木葉村(中世)


熊本県>玉東町

 室町期に見える村名。玉名郡のうち。地名としては鎌倉期から見え,元亨元年3月3日の阿蘇社進納物注文写(阿蘇文書/大日古13‐2)に「一,当国中初米進ミたてまつる所々の注文」のうちに「一,こん大くうしはうとり申候初米所々」として「一所このは」とあり,当地からの初米が,阿蘇権大宮司に進納されていた。年月日未詳の阿蘇社年中神事次第写(同前)にも「権大宮司請取申分」として「一所木葉」と見え,「是ハ田作之御祭䉼」の注記があるところから,当地の初米が阿蘇社の田作の祭礼に用いられていたことがうかがえる。応永6年頃と推定される4月3日付の九州探題渋川満頼書状(詫摩文書/大友史料9)には「詫磨別当五郎満親分領肥後国……次木葉・金光・大江以下仁等事,以同前候」とあり,満頼は,戸賀崎右馬助氏範に命じて,当地を含む詫磨満親の分領に対する河尻氏らの競望を退け,これを満親に去り渡させている。その後,永享7年3月3日の佐田昌節(親景)譲状(佐田文書/県史料中世2)に「宇都宮佐田薩摩入道昌節之一跡所領……同(肥後)国木葉村」とあり,当村をはじめとする佐田親景の所領が嫡子盛景に譲り渡されている。なお観応元年12月20日の一色道猷(範氏)宛行状(同前)には「同(肥後)国木柴村〈壱岐弥太郎跡内〉地頭職事」と見え,宇都宮因幡権守公景に勲功の賞として宛行われているが,先の文書などから,この「木柴村」は当村のことで,南北朝期から宇都宮佐田氏が当地を領有していたものと思われる。戦国期には,永正年間頃と推定される年月日未詳の大友義長寄進状写(松尾大明神宮文書/肥後国誌)に「木葉丸田分五町事預進候」とあり,松尾大明神に祈祷料として地内の丸田5町が寄進されている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451679
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ