ケータイ辞書JLogosロゴ 木庭村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。天正17年の検地帳(県立図書館蔵文書)によれば,高214石余うち田58石余・畠128石余・山畠18石余。その後の村高は,「寛永郷帳」191石余,「正保郷帳」も同高でうち田50石余・畠140石余,「天保郷帳」219石余,「旧高旧領」272石余。「肥後国誌」によれば河原手永に属し,高220石余,小村に平原がある。文化・文政年間の河原手永手鑑によれば,高220石余,新地50石余,請免は132石余,竈数78・人数348,牛56・駒7・駄馬63(肥後藩の農村構造)。なお安政2年の菊池川全図(菊池市中央公民館蔵)によれば,新地は,大場磧からの原井手懸で15町余,木庭磧懸で7反余が養水を受け,菊池川と村との間に開かれている。また貞享4年12月中尾で出火,村中で市場へ出かけていたため30軒ほどが焼失する大火となった(島屋日記/菊池市教育委員会蔵文書)。天保6年から明治6年まで佐々俊平を師とする習字の寺子屋があり,寺子は男30・女10であった(菊池郡誌)。氏神は木庭大山祇神社。深葉連山の入口に鎮座し,山の神を祀る。ほかに城林城の守護神という中尾神社,平原菅原神社がある(菊池郡市神社誌)。旧原往還に面した岩壁をくりぬいた6体の地蔵,十字を刻んだキリシタン墓石もある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年河原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451684
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ