ケータイ辞書JLogosロゴ 四町村(近世)


熊本県>鹿北町

 江戸期〜明治22年の村名。山鹿郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」515石余,「正保郷帳」も同高でうち田304石余・畠210石余,「天保郷帳」も同高,「旧高旧領」510石余。なお慶長9年の検地帳(県立図書館蔵文書)によれば,高515石余,反別は田25町4反余,畠・屋敷地28町2反余,屋敷筆数19,「肥後国誌」では山鹿手永に属し,高541石余,小村に東野村・道原村・山下村・桑津留村・曲木村などがある。また文政9年の山鹿手永書付(菊原家文書)では「四丁村」と見え,家数127・人数532,馬81,馬口労1・屋根葺1・地筒7が見える。氏神は年男大明神社で,享徳元年道慶が阿蘇一宮または四宮を勧請したものと伝える。寺院は真宗大谷派長隆寺。開山は明暦元年とも同9年ともいう。なお当村の小村に柏木【かやのき】村がある。「肥後国誌」では村名のみが別記されるが,元禄国絵図(永青文庫)では「四町村之内柏木村」と見える。飛地のように四町村域とは離れ,小栗峠近くの山間に位置する。四町村の紙漉業の人々が開発した村で,氏神熊野神社の熊野大権現木像に寛文2年の銘があることから,この頃に同社が創建され,村も成立したかと思われる。なお同社の現社殿は文政6年の再建。江戸期の戸数は10戸前後と思われ,紙漉を生業とした。和紙生産は明治期に入って特に傘紙の需要が伸びたが,昭和37,8年頃に終止符が打たれた。柏木村は明治8年岩野村の一部となる。四町村は,熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田43町余・畑38町6反余,戸数102・人数696,馬70,字山下に人民共立小学校があり,生徒数は男24・女9,物産は穀類のほか甘藷・蘿蔔・煙草・柿・薪・元結紙・炭など。民業は農業77戸・大工職3戸・紙漉職15戸など。同22年広見村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451920
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ