ケータイ辞書JLogosロゴ 四町分村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。慶長9年の検地帳(県立図書館蔵文書)によれば,高647石余うち田260石余・畠386石余。その後の村高は,「寛永郷帳」647石余,「正保郷帳」も同高でうち田260石余・畠386石余,「天保郷帳」697石余。「旧高旧領」394石余。「肥後国誌」によれば河原手永内に2か村見え,うち一村は高207石余,小村に総谷村・塚原村・中園村・麦田村・長山村などがあり,もう一村は高169石余で,小村に平山がある。「菊池風土記」には,高207石余は往古下谷,169石は往古上谷とある。文化・文政年間の河原手永手鑑によれば,高377石余,請免は222石余,竈数159・人数650,牛120・駄馬192(肥後藩の農村構造)。用水は菊池川大場磧から引いた原井手を利用。元禄4年12月百姓男女27人が村方出入で家を焼き家財を運んで豊後国津江へ逃散,西寺村庄屋中富四郎左衛門の尽力で帰村した(在中先祖附/永青文庫)。岩下橋は,もと五斗橋といい,文政8年眼鏡橋となった(島屋日記/菊池市教育委員会蔵文書)。河原川の上流岩下と麦田・平山を結ぶ橋があったが,洪水で流失,明治5年に再架橋された(肥後の眼鏡橋)。氏神は長田にある四町分菅原神社。「菊池風土記」には「享保七年田腐れの節勧請」と見えるが,社記には元文3年蝗害甚だしく太宰府天満宮を勧請したとある(菊池郡市神社誌)。このほか鶴・立石・塚原・篠原・桑迫に各菅原神社,鬼石に権現さんと呼ばれる熊野座神社がある。また岩下に西福寺,平山・長六に六地蔵がある。ただし明治5年の四町分の村民の宗派は,9割近くが浄土真宗で,雪野善竜寺や隈府西光寺の檀家となっていた(新編菊池郡誌)。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同年地内小川を弁利村に編入。明治6年四丁分小学校が開設され,寺子屋式教育が開始された。同校は,同7年石原,同13年塚原へそれぞれ校舎を新築移転,同20年原尋常小学校の四丁分支校となった。同22年水源村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451922
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ