ケータイ辞書JLogosロゴ 下有佐村(近世)


熊本県>鏡町

 江戸期〜明治22年の村名。八代郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」1,514石余,「正保郷帳」も同高でうち田1,460石余・畠53石余,「天保郷帳」1,537石余。「旧高旧領」1,440石余。「肥後国誌」では野津手永に属し,高1,426石余,小村に榎町村・田中村・大門村が見え,神社は松尾大明神社,寺院は承応3年祐保開基の浄土真宗東派安楽寺。なお,同書には当村のうちとして内田村が別記され,江戸末期までに当村から分村されている。熊本県,八代県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同18年当村と上鏡村・鏡村を学区とする有鑑小学校焼失。同22年有佐村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7451955
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ