ケータイ辞書JLogosロゴ 下河原村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。寛永年間の各地撫帳(県立図書館蔵文書)では「河原村」と見える。村高は,「寛永郷帳」では「下川原村」と見え877石余,「正保郷帳」も同高でうち田227石余・畠650石余,「天保郷帳」980石余,「旧高旧領」1,080石余。「肥後国誌」によれば河原手永に属し,「里俗河原村ト云」と見え,高938石余,小村に車石村・中原村・中園村・松島村・千駄村・高宮村・柿木平村・河久保村・鶴頭村などがある。また文化・文政年間の河原手永手鑑によれば,高983石余,新地・野開187石余,請免は550石余,竈数262・人数1,093,牛150・駄馬264,産物は大根とある(肥後藩の農村構造)。日向に河原手永の会所が置かれ,寛永10年河原(佐々)杢左衛門が惣庄屋に任命された。同氏は,木庭村に30石の惣庄屋知行を有し,代々杢左衛門を襲名,3・4代惣庄屋役を相続して,宝永2年頃免職になったとされているが,元禄14年原井手,同16年西迫間井手,宝永3年今村井手を竣工し,水利に治績を残した。跡役の文右衛門は,宝永3年河原会所手代から惣庄屋に昇格任命され,次の七右衛門の代に,会所は藤田村へ移された。幕末には,習字を教える寺子屋が松島・柿木平・日向に各2校,中原・下河原に各1校あり,会所役人や武士・医者によって明治初年まで存続した(菊池郡誌)。松島に氏神四宮神社がある。大同2年創立,延久2年菊池則隆再興と伝え,代々菊池氏の尊崇を受けたという。このほか菅原神社3,菊池氏に仕えた高宮清房勧請の男石乙姫神社,天神今宮神社,車石八幡宮がある(菊池郡市神社誌)。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。柿木平で今村七端が造酒業を営み,赤酒を生産,明治初年から西南戦争頃までが最盛期で,筑後久留米あたりまで積み出した。また七端は,明治8年中原に2階建ての水車小屋を設け,階下で酒米の精白,2階で製糸を行い,出資者小代八郎を社長に白渓社と名付けたが,同11年閉鎖された。また明治8年中原に小学校が開校したが,同19年尋常下河原小学校に統合された。明治9年地内九峰を弁利村へ編入。同12年中原に5等郵便局開局。同22年河原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452005
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ