ケータイ辞書JLogosロゴ 下田村(近世)


熊本県>河浦町

江戸期〜明治9年の村名天草郡のうち天草下島南部,一町田川の河口一帯に位置する壱町田組に属すはじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領「天草島鏡」(天草郡史料1)は延宝年間に壱町田村から分かれたと記すが,「正保郷帳」に村名が見え,高417石余うち田335石余・畠55石余・桑塩竈永荒26石余万治検地による天草郡石高半減以降の高は,「旧高旧領」で284石余なお「元禄郷帳」では壱町田村枝村とされ,「天保郷帳」では壱町田村に含まれる「肥後国誌補遺」による竈数45・人数285また「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数91・人数528,田が高237石余・反別24町4反余,畑が高35石余・反別6町5反余うち新田畑高64石余,氏神は天満宮,寺院は浄土宗崇円寺・信福寺崇円寺は,正保2年代官鈴木重成により創建された天草四か本寺の1つ天草・島原の乱後,天草下島南部の教化の中心となり,多くの末寺・末庵を有した信福寺は,天草氏が祈祷所として建立した天台宗の古刹キリシタン騒動で破却され,慶長17年本堂を再建,崇円寺創立に伴いその末寺となり,浄土宗となった富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属同年河浦村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452057
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ