ケータイ辞書JLogosロゴ 下西寺村(近世)


熊本県>菊池市

江戸期〜明治7年の村名菊池郡のうち菊鹿盆地の東部に位置し,迫間【はざま】川と菊池川の間に集落を形成熊本藩領上西寺村とともに西寺村と総称された下西寺村としての村高は,「旧高旧領」867石余なお江戸初期の西寺村内には西寺町の名が見えるが,同地は,江戸中期には当村へ吸収された慶長5年の西寺町分検地帳(県立図書館蔵文書)によれば,高235石余うち田142石余・畠92石余下西寺村は,「肥後国誌」によれば深川手永に属し,高847石余,小村に北古閑がある文化・文政年間の深川手永手鑑によれば,高847石余,請免は547石余,竈数129,人数674,駄馬95(肥後藩の農村構造)「肥後国誌」では上西寺村に記される西福寺は,同手鑑では当村とされる和銅2年開基と伝える古刹で,もと禅宗寺院であったが,のち浄土宗となった明和〜安永年間,藩主細川重賢は当村あたりへしばしば鷹狩りに訪れ,当村に宿泊,大勢の供をつれているため,西福寺には両替店の出店もできたという熊本県を経て,明治5年白川県に所属同7年西寺村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452095
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ