ケータイ辞書JLogosロゴ 下野村(近世)


熊本県>鹿央町

 江戸期〜明治22年の村名。山本郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」1,161石余,「正保郷帳」も同高でうち田807石余・畠353石余,「天保郷帳」1,192石余。「旧高旧領」332石余。「肥後国誌」によれば正院手永に属し,高328石余。また同書では「下野又霜野,里俗内山村ト云」と見えるが,明治期に入ると霜野村と記される。文政9年の手鑑帳(肥後国郷村明細帳1)では,高308石余,反別は田11町2反余・畑10町3反余。氏神は明徳2年創建という日吉神社。また,観音堂・阿弥陀堂・不動堂・地蔵堂など中世に繁栄した康平寺関係の祀堂が多くあった。このうち本堂口にある観音堂はいつしか康平寺と称されるようになった。「郡村誌」によれば,田24町5反余,畑28町5反余,戸数87・人数337,牛1・馬64,物産は穀類のほか甘藷・蘿蔔・西瓜・柿・薪など,民業は農業81戸・大工職1戸など。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年山内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452100
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ