ケータイ辞書JLogosロゴ 下原村(近世)


熊本県>鹿央町

江戸期〜明治8年の村名はじめ玉名郡,明治3年からは山鹿郡のうち岩原川上流域に位置する地内に弥生時代の天神免遺跡や下原古墳・こつか古墳がある熊本藩領村高は「旧高旧領」142石余なお寛永16年の地撫帳(県立図書館蔵文書)では,田3町6反余・畠13町4反余で,高138石余「肥後国誌」によれば中富手永に属し,高138石余また文化11年の中富手永手鑑(肥後藩の経済構造)では,野開畑3町6反余なども見え,家数24・人数101,馬23なお堂米野村に残る伝承によれば,同村内平ノ原にもと十数戸の集落があり,同地から当地内下屋敷に移住したという氏神は下屋敷の菅原神社熊本県を経て,明治5年白川県に所属同8年広村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452110
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ