ケータイ辞書JLogosロゴ 白木河内村(近世)


熊本県>河浦町

 江戸期〜明治22年の村名。天草郡のうち。壱町田組に属す。はじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領。村高は,万治検地帳113石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」136石余,「旧高旧領」139石余。なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,「正保郷帳」で233石余うち田217石余・畠2石余・桑茶永荒12石余。「肥後国誌補遺」による竈数18・人数159。また「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数60・人数440,田が高131石余・反別17町5反余,畑が高4石余・反別1町2反うち新田畑高21石余,氏神は諏訪宮。諏訪宮(現白木諏訪神社)は羊角湾に面する小岬にあり,ほかに十五社宮・厳島神社・牧神社がある。明治元年頃,御領組鬼池村の宮崎利七によって約61町余の白木新田が完成。富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て明治9年熊本県に所属。同22年一町田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452233
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ