ケータイ辞書JLogosロゴ 栖本村(近代)


熊本県>栖本町

 明治22年〜昭和37年の天草郡の自治体名。古江・湯船原の2か村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。役場を湯船原に設置。村名は古名に復して,栖本村と命名。明治24年の戸数371,人口は男1,039・女1,023。同28〜40年には登立を起点として教良木経由富岡に至る県道富岡往還の工事が行われ,その一環として明治30年湯船原一の瀬橋の架設が行われた。同34年河馬田村を合併し,3大字を加え5大字となる。世帯数・人口は,大正9年940・4,321。昭和10年920・4,189,同25年1,106・5,664,同35年1,054・5,097。大正15年には電灯が架設された(天草電気の歴史)。昭和25年における産業別人口は,農業2,406・水産業117・自由業76・製造業48・商業45など。農地は,田292町余・畑155町余,自作耕地245町余・小作耕地48町余。農家総数889うち自作農470・自作兼小作110・小作兼自作211・小作98,専業農家484。水産業では漁家数54うち専業漁家49,漁船92艘33tうち動力船52艘18t(県市町村便覧)。同37年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452371
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ