ケータイ辞書JLogosロゴ 大琳寺村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。慶長9年の検地帳(県立図書館蔵文書)で高240石余,同13年の検地帳(同前)では高377石余うち田251石余・畠126石余。その後の村高は,「寛永郷帳」240石余,「正保郷帳」も同高ですべて畠方,「天保郷帳」254石余,「旧高旧領」262石余。「肥後国誌」によれば深川手永に属し,高237石余,小村に北原がある。寛永年間の人畜改帳では,竈数15・人数85,牛16・馬20(新編菊池郡誌)。文化・文政年間の深川手永手鑑によれば,高237石余,請免は146石余,竈数27・人数161,駄馬40(肥後藩の農村構造)。なお立石村に,同村の人数・牛馬数は大琳寺へ合算と見えている。禅宗の古刹大琳寺は,山号を九儀山または中央山といい,菊池武光が菊池五山を定めた際,その中央の位置に建立したという(肥後国誌)。本尊は大日如来。のち衰退し,江戸中期には大日堂などとも見える。宝暦5年大風で堂が倒れ,道の東から現在地へ移転(菊池風土記)。「肥後地志略」(肥後国地誌集)には「寺退転して其跡観音堂計り残れり」と見える。明治34年現存の建物に改築された。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年菊池村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452449
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ