ケータイ辞書JLogosロゴ 高柳村(近世)


熊本県>旭志村

 江戸期〜明治9年の村名。合志郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」475石余,「正保郷帳」も同高でうち田252石余・畠223石余,「天保郷帳」475石余。「旧高旧領」263石余。慶長13年の検地帳(県立図書館蔵文書)によると,田の高215石余・反別16町余,畠の高345石余・反別56町余,家数63・人数58。寛永10年の人畜改帳では,家数52・人数54,牛馬19,ほかに同年の高柳村出分人畜改帳によると,家数74・人数63,牛馬23。宝暦8年の田畑下名寄帳(同前)によれば,高263石余,田畑反別21町余,頭百姓惣平の名と印が記される。「肥後国誌」では大津手永に属し,高263石余,小村に出分が見え,地内に天神社(森天神社)・鞍岳観音堂・高柳寺跡がある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同年麓村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452544
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ