ケータイ辞書JLogosロゴ 中代出分村(近世)


熊本県>菊陽町

江戸期〜明治9年の村名合志【こうし】郡のうち阿蘇立野火口瀬の西,白川中流右岸に位置する江戸末期までに中代村から分村して成立したと思われるが,村名としては江戸初期から見える熊本藩領村高は「旧高旧領」425石余「肥後国誌」では大津手永に属し,高425石余で,天神社・観音堂がある寛永10年の人畜改帳によれば,戸数15,石高425石余,人数は男55・女43,牛21・馬16,屋敷数15で,その反別1町3反余,家数79,庄屋は源左衛門宝暦12年の田畑下名寄帳(県立図書館蔵文書)では,給知は田畑32町6反余・425石余,請藪等20町5反余,同年の給知田畑地引合改見図帳(同前)によれば,田3町8反余・149石余,畑28町7反余・276石寛政7年の大津手永略手鑑(肥後藩の農村構造)では,田畑反別と石高は宝暦12年の給地引合に同じで,人数417,大工1人,牛馬44,庄屋は祐七熊本県を経て,明治5年白川県に所属同9年久保田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7452757
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ