ケータイ辞書JLogosロゴ 野間口村(近世)


熊本県>菊池市

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。熊本藩領。慶長4年の検地帳(県立図書館蔵文書)では,高714石余うち田411石余・畠303石余。その後の村高は,「寛永郷帳」714石余,「正保郷帳」も同高でうち田411石余・畠303石余,「天保郷帳」748石余,「旧高旧領」830石余。「肥後国誌」によれば深川手永に属し,高768石余。小村に神来【おとど】がある。なお寛永年間の人畜改帳によれば,牛10・馬15,小百姓163・頭百姓5・庄屋1(新編菊池郡誌)。文化・文政年間の深川手永手鑑によれば,高768石余,請免は339石余,竈数76・人数310,駒1・駄馬65(肥後藩の農村構造)。迫間川の横田に堰を設けた横田(神来)井手があり,加藤清正の築造という。流末は菊池井手と合流し,水量は豊富で旱魃でも水不足にならなかったという。横田堰の少し川上,神来に堰を設けた仮屋井手も,加藤清正の築造と伝える。小村神来の中央で横田井手に合流した。山崎村に面した迫間川端に,宝暦12年炉場ができ,石見国から吹方80人ほどを招いたが,川筋から採取される鉄砂の質が悪く,同13年に中止された(菊池風土記)。文化年間徳永今八が野間口学校を設置,漢学を教えたが,明治15年廃止となった(県教育史)。創立年代は不明であるが,官山役人徳永隆礼が私塾擁青軒を開き,明治初年廃止となった。神来の西に氏神貴船神社が鎮座。延久2年菊池則隆の勧請という(肥後国誌)。境内に野間口大神宮がある。井手の上には延宝6年太宰府から勧請した野間口菅原神社がある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年菊池村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7453445
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ