ケータイ辞書JLogosロゴ 迫間村(近代)


熊本県>菊池市

 明治22年〜昭和31年の菊池郡の自治体名。大平・重味・豊間・西迫間・市野瀬の5か村が合併して成立。旧村名を継承した5大字を編成。村名は,地内西部を迫間川が流れることにちなむ(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。明治24年の戸数449,人口は男1,114・女1,105。迫間村役場は,はじめ西迫間光九庵にあったが,重味から東迫間高徳寺,豊間字戸豊水の借宅などを転々とし,明治36年大平字聖道に新築移転(新編菊池郡誌)。明治27年大平に迫間村巡査駐在所設置。迫間村発足当時は交通が不便であったが,同44年班蛇口往還の開通により急速に発展した。人口は,大正3年2,932,昭和5年3,673,同28年3,795。昭和10年の世帯数534・人口2,953。菊池川本流は浸食が激しく断崖をなして灌漑用水の便が悪いため,重味丘陵を西流する古川兵戸井手は,重味・大平・豊間地域唯一の灌漑用水路として,地域住民の生命線となった。大正4年迫間村古川井手普通水利組合を設立して管理。翌年には重味に東迫耕地整理井手が完成している。大正年間には全戸数の約9割が農家で,米麦作のほか養蚕を副業とし,甘藷・茶・梨などの生産が多く,林産物や石材も産した。明治初年尋常豊間小学校が重味校を支校としたが,同25年重味小学校が独立。重味小学校は,同36年現在地に校舎落成。豊間小学校は,昭和3年大田に校舎移転し,豊間尋常高等小学校と改称した。昭和31年菊池町の一部となり,村制時の5大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7453480
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ