ケータイ辞書JLogosロゴ 二子石村(中世)


熊本県>久木野村

 南北朝期に見える村名。阿蘇郡南郷のうち。興国3年6月20日の後村上天皇綸旨写(阿蘇文書/大日古13-2)に「当社領南郷内野尻・二子石両村」と見え,当村などを阿蘇惟時に安堵している。正平7年2月吉日の阿蘇社上葺等次第(同前/大日古13-1)には,南四宮の裏の分を他の3か所とともに勤仕しており,同18年閏正月25日の阿蘇社造営料木納帳(同前)には「一,一丈八尺木 一本 ふたこいし」とある。下って応永29年11月30日の阿蘇山衆徒等起請文写(阿蘇文書/大日古13-2)によれば,大般若供米を南郷の4か所とともに沙汰している。長禄2年7月25日の阿蘇社(カ)造営料木諸郷村支配状(同前/大日古13-1)にも「二子石分」とあり,梁などを勤仕している。文明16年8月28日の阿蘇十二社同霜宮最花米注文(同前)には「二子石之分」とあり,清水・東なかつミ・西なかつミ・藤波・御所園・境目・はゝ・しゝ・下恵良・橋詰が見え,現在久木野村久石に字清水・藤波・下恵良があり,明治初期の二子石村の小村に御所園が見える。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7453865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ