ケータイ辞書JLogosロゴ 二子石村(近世)


熊本県>久木野村

 江戸期〜明治9年の村名。阿蘇郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」312石余,「正保郷帳」も同高でうち田115石余・畠196石余,「天保郷帳」427石余,「旧高旧領」864石余。高森手永に属す。「南郷事蹟考」によれば,高662石余,上二子石・中二子石・下二子石からなり,当村のうち原尻村は100余年以前に上久木野村から分地され,その高79石余,当村総産土神として山王宮があり,ほかに神社は天満宮2・妙見社3,寺院は曹洞宗清水寺・浄土真宗東派了広寺が見える。また上二子石甑山(経塚山)の山麓に二子石九郎左衛門屋敷跡があり,同所は陣といわれていると記す(肥後国誌)。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同年久石村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7453866
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ