ケータイ辞書JLogosロゴ 古江村(近世)


熊本県>栖本町

 江戸期〜明治22年の村名。天草郡のうち。栖本【すもと】組に属す。はじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領。村高は,万治検地帳190石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」199石余,「旧高旧領」202石余。なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,寺沢志摩守検地帳(木山家文書)によれば,田が反別26町余・分米191石余,屋敷・畑が反別5町余・分米17石余。「正保郷帳」では高231石余うち田193石余・畠16石余・桑茶塩竈22石余。「肥後国誌補遺」による竈数31・人数348。「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数125・人数772,田が高180石余・反別21町2反余,畑が高18石余・反別4町7反余うち新田畑高9石余。万延元年には127軒・741人(天草近代年譜)。村々取調帳(県立図書館蔵文書)では,明治元年には131軒・753人。庄屋は永田家が世襲したが,弘化4年の百姓一揆で永田隆三郎が首謀者として処刑されたため,代わって益田家が庄屋役に就いた。氏神は八幡宮。ほかに天神社・元諏訪社がある。富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同22年栖本村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7453910
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ