ケータイ辞書JLogosロゴ 宮原村(近代)


熊本県>宮原町

 明治22年〜現在の宮原町の大字名。明治24年の戸数195,人口は男436・女469。同39年一ノ井手の水を分堰した水車による綿布工場が開設されたが,第2次大戦後廃業。大正3年宮園区に変電所開設。同4年芝居や映画が興行される大正座が開設されたが,昭和30年火災により焼失した。大正6年8月12日山潮により氷川が洪水となり,二双樋・正真などの堤防が決壊,全家屋が軒まで浸水,死者4名を出した。昭和3年桜が丘公園新設。同9年国道3号が新設され,条里制遺構の地名五反田・口ノ坪を貫通した。同22年上宮原を東上宮・西上宮の行政区画に改めた。同年中央公民館設立。同26年常葉保育園設立。同28年県立桜が丘療養所新設,同50年閉鎖。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454296
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ