ケータイ辞書JLogosロゴ 宮原村(近世)


熊本県>岡原村

 江戸期〜明治22年の村名。球磨郡のうち。人吉藩領。村高は,「寛永郷帳」では535石余でほかに新田畑633石余,「正保郷帳」も同高でうち田393石余・畠141石余,「天保郷帳」1,473石余,「旧高旧領」2,640石余。諸郷地竈万納物寄によれば,宝暦・明和年間頃の家数284うち諸奉公人13・寺社7・修験道3・郷士142,安永3年改の人数1,323。享保2年改の反別は田234町余・畑71町余(斉藤氏所蔵文書/人吉藩の政治と生活)。なお,同書には切畑の地は湯前領として見え,正徳6年改の反別は田3町余・畑8反余(同前)。延宝8年に百太郎溝が多良木村から当村まで掘削され,元禄9年から翌年にかけて上村まで延長工事を行った。村民は総出でこの工事に参加し,原野の水田化に力を尽くした。一方,幸野溝もこの頃当村を貫通し,多くの新田が開け,藩内から多くの人々が来住した。岡本村とともに当地に百太郎溝水廻仮屋が設けられ,維持管理が行われた(相良家近世文書/県立図書館蔵文書)。人吉県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,戸数214・人口814,牛150・馬80,田172町3反余・畑30町3反余・山林511町9反余。同12年切畑の地を湯前村から編入。同22年岡原【おかはる】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7454300
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ